自分でできるツボ療法 睛明(せいめい) -「東洋療法雑学事典」より

東洋療法学校協会の公式サイトの「東洋療法雑学事典」をご紹介させていただきます。
今回は次のテーマについてです。

・はっきり見える―睛明(せいめい)

目頭にある「睛明(せいめい)」というツボは、疲れ目を始めとした目の症状に効果的といわれています。

現代はまさにIT・コンピュータの時代で、生活には欠かせないものとなってきています。

新型コロナウィルス感染症の影響で、仕事も自宅で行う「テレワーク」が浸透してきましたが、これもコンピュータ技術の進歩によるものですね。

そして現代人はスマートフォンやタブレット、パソコンの常時使用で目を酷使します。

コンピュータ作業のし過ぎによるVDT症候群やドライアイ、眼精疲労は、多くの人にとって身近な問題となってきています。

 
目頭にあるこの睛明というツボですが、このツボの存在を知らなくとも、疲れ目のときには自然に目頭を押さえますね。

まさにその部分が睛明です。

「睛明」の「睛」は目の意味で、「明」は明るいということですから、「睛明」は、はっきりと見えるようにする効果があるわけですね。

また、目だけでなく、精神的な疲れにもこのツボは良いといわれています。その部分を下記に引用させていただきます。

目の疲れは目を使う作業だけではなく、精神的ストレスによっても生じます。東洋医学では目の疲れが続くと、感情や情緒にも影響を及ぼし、イライラ、怒りっぽい、抑うつ状態になると考えています。逆にイライラ、怒りっぽいなどのような精神状態が続くと、目に疲れがでてくると捉えます。何となく目に疲れを覚えたときは、「睛明」を指先で押さえてみましょう。

仕事や勉強に集中しすぎて疲れ目になりかけたら、指でこのツボを押してみましょう。

 
睛明のツボについては、当サイトでも以前、スマホやPCの眼精疲労を一掃というテーマでご紹介させていただきました。そちらもあわせてご参照ください。

 ⇒ スマホやPCの眼精疲労を一掃 - CREA WEB

 
「自分でできるツボ療法」シリーズは他にもいくつかございますので下記をご参照ください。

 ⇒ 自分でできるツボ療法 肩井(けんせい)

 ⇒ 自分でできるツボ療法 大椎(だいつい)

 
今回ご紹介した内容は、下記をご参照ください。

 ⇒ 東洋療法雑学事典アーカイブ 2006年5月

 
東洋療法雑学事典では、一般の人が思われるような素朴な疑問に答えています。下記も是非ご参照ください。

 ⇒ 逆子の治療 お灸で治るのはなぜですか?

 ⇒ 煙のでないタイプのお灸とは?

 ⇒ 鍼灸の効果はどんな症状に?

 
その他さまざまなQ&Aは東洋療法学校協会のページで紹介されていますので是非ご覧ください。

公益社団法人 東洋療法学校協会は、下記を活動目的としている団体です。

あん摩マッサージ指圧、はり、きゅうに関する教育の調査研究及び教材等の開発、教員の養成・研修等を行うことによって、あん摩マッサージ指圧師、はり師及びきゅう師の学校養成施設の教育の振興を図り、国民の保健衛生の向上に寄与することを目的としております。

 → 東洋療法学校協会はこちら
(「東洋療法雑学事典」のページをご確認ください)

 
鍼灸についての基本情報をまとめた「鍼灸ファクトブック」も当サイトにはございますので是非ご覧ください。

 ⇒ 鍼灸ファクトブック

 
Beautiful young woman at home tired rubbing nose and eyes feeling fatigue and headache. Stress and frustration concept.

 


 


スポンサーリンク






 

コメントを残す