皿を頭に乗せ「焙烙灸」小矢部、無病息災祈る - 北國新聞

「皿を頭に乗せ「焙烙灸」 小矢部、無病息災祈る」という記事が北國新聞のサイトに掲載されています。(北國新聞)

「焙烙灸(ほうろくきゅう)」は、昔から伝統的に行われてきた行事で、夏バテ防止や病気予防のために行われてきたんですね。

一説によると、炎天下で暑さ負けした武将(武田信玄)が、カブトの上から灸をすえたところ、たちどころに全快したのが、「ほうろく灸」という伝統行事になったとも伝えられているそうです。

古くから『土用の丑の日』に実施されてきたんですね。

『ほうろく』という素焼きの皿を頭上にのせ、そこにもぐさを置いて灸をし、加持を行います。

 
お灸を使った伝統的な行事は、当サイト「鍼灸net」でもいくつか取り上げてきました。こちらもご参照ください。

 ⇒ 無病息災を祈る「砂灸」行事 – MBSニュース

 ⇒ 病気の予防にお灸「ひとつやいと」富山県高岡市「瑞龍寺」で

 ⇒ あじさい祭と ほうろく灸 – 浅草 長国寺にて開催

 
この記事に書かれている行事の様子について一部、下記に引用させていただきます。

参加者はもぐさが燃え尽きるまでの十数分間、熱さを我慢したり、皿をひざの上に置いて手を合わせたりした。水の神で知られる「七面大明神」にキュウリと塩が供えられた。櫻栄住職は「心身をリフレッシュし、自分と向き合う時間にしてほしい」と話した。

焙烙灸は、境内にある「七面堂」の修復を終えた2016年から「土用の丑(うし)の日」に毎年行われている。今年から3日間実施し、20、21日は午前7~10時半に受け付ける。

鍼とともにお灸は、日本で古くから行われてきた治療であり、生活の一部だったようですね。

お灸に関する素朴な疑問については下記をご参照ください。

 ⇒ お灸にはどんな種類がありますか?

 ⇒ 逆子の治療 お灸で治るのはなぜですか?

 ⇒ お灸の煙って大丈夫?

 
また、海外でもお灸を活用しているケースはあるようです。

 ⇒ アフリカで結核治療の副作用緩和にお灸を活用

 ⇒ 脳卒中患者の機能回復を助けるお灸

 ⇒ 妊娠中のお灸。何それ? (逆子治療) - スペイン

古くから伝わる鍼灸治療が現代でも活躍の場があり、見直されてきているようですね。

 
今回の記事の詳細は、「北國新聞」のサイトをご参照ください。

◆北國新聞 – 皿を頭に乗せ「焙烙灸」 小矢部、無病息災祈る
https://www.hokkoku.co.jp/subpage/T20190720202.htm

 
houroku3
(画像は北國新聞サイトより引用)

 


 


スポンサーリンク






 

コメントを残す