注射は痛いのに、鍼(はり)治療はなぜ痛くないの? -「東洋療法雑学事典」更新

東洋療法学校協会の公式サイトで「東洋療法雑学事典」が更新されています。
「注射は痛いのに、鍼(はり)治療はなぜ痛くないの?」という疑問とそれに対する回答が掲載されています。

鍼灸治療を受けたことがない人にとっては、鍼はとても痛そうに感じます。

特に最近は芸能人のSNSやブログなど、インターネット上で、鍼灸治療の様子を撮影した写真がアップされていたりします。

ファンなど閲覧者の反応としても、「うわぁ痛そう」「大丈夫なのですか?」などといったコメントが寄せられます。

 
確かに、鍼・ハリと聞くと、非常に痛そうな印象がありますね。

痛い注射のイメージは誰しも持っていることでしょう。

しかし、注射の針の太さは、鍼灸治療で使用する鍼よりもずっと太いんですね。

数倍、あるいは10倍ぐらい違います。

ですので、鍼灸の鍼は、想像よりもずっと痛みを感じません。

さらには、鍼灸の鍼を刺す時には、刺し方や道具など、痛みを感じにくくする構造も備わっているんですね。

 
「東洋療法雑学事典」の中では、今回の質問の回答は次のように書かれています。

A:注射に用いられる針は、部位により様々な太さの針が使用されているが、輸血用の針では1.2㎜の太さの針が用いられています。一方、日本で行われている鍼(はり)治療用の鍼の太さは、0.16㎜~0.20㎜の太さが使用されています。従って、鍼(はり)の太さの違いが、鍼(はり)治療が痛くない理由の一つであります。
また、日本で行われる多くの鍼(はり)治療では、鍼管(しんかん)と呼ばれる特別な器具を用いる為、さらに痛みが生じにくい。

このように、そもそも太さが違うということ、そして、鍼を刺す時に「鍼管」という道具を使うため、痛みを感じにくくなるんですね。

 
東洋療法雑学事典では、一般の人が思われるような素朴な疑問に答えています。下記も是非ご参照ください。

 ⇒ 鍼(はり)を刺された時、痛みがある時とない時 なぜですか?

 ⇒ はり治療は何歳から?赤ちゃんでも大丈夫?

 
その他さまざまなQ&Aは東洋療法学校協会のページで紹介されていますので是非ご覧ください。

公益社団法人 東洋療法学校協会は、下記を活動目的としている団体です。

あん摩マッサージ指圧、はり、きゅうに関する教育の調査研究及び教材等の開発、教員の養成・研修等を行うことによって、あん摩マッサージ指圧師、はり師及びきゅう師の学校養成施設の教育の振興を図り、国民の保健衛生の向上に寄与することを目的としております。

 → 東洋療法学校協会はこちら
(「東洋療法雑学事典」のページをご確認ください)

 
鍼灸についての基本情報をまとめた「鍼灸ファクトブック」も当サイトにはございますので是非ご覧ください。

 ⇒ 鍼灸ファクトブック

 
chuusha3a

 


 


スポンサーリンク






 

コメントを残す