夏はなぜ鍼治療を始めるのに最適な時期なのか - VOGUE

「夏はなぜ鍼治療を始めるのに最適な時期なのか」という記事がVOGUEのサイトに掲載されています。(VOGUE.com 2019.7.19)

東洋医学では、夏という季節はエネルギーがピークに達する時期ということで、自然環境においても人体においてもその活動が盛んになると考えられています。

つまり、活動が盛んということは、何らかの原因によるバランス低下に対して、その状態を元に戻そうとるパワーも活発になるということなんですね。

体のバランスを整えるといわれる鍼灸治療ですが、そういった意味では夏の時期に施術を受けることは、その効果がより期待できるのかもしれません。

 
体のアンバランスに対して、何らかの痛みに対して、その改善のために鍼灸治療は試されます。

鍼の効果はきちんとした形で証明しづらいといわれますが、体に鍼を刺すことで、体内から自然な鎮痛ホルモンが分泌され、痛みの軽減や、低下した体の働きの改善に作用すると考えられているんですね。

この記事では次のように書かれています。一部を引用させていただきます。

It’s a natural way to manage pain
“Acupuncture is beneficial for any kind of inflammation,” says Singh, “because when you insert a needle into a specific location of the body, you’re causing the release of endorphins, which are the chemicals that your body produces naturally to promote self-healing.” As it activates the body’s natural pain-killing hormones, the treatment is used to treat a wide spectrum of acute and chronic health conditions, including back pain, osteoarthritis, headaches, and indigestion. When pain is acute, like if someone has thrown out their back, acupuncture can produce fairly quick relief, Singh explains. “But when it’s a more insidious condition, like migraines or Crohn’s disease, it can take longer [to see results].”

要点は次の通りです。

◆鍼治療はあらゆる種類の炎症に効果的である

◆体の特定の場所に針を挿入すると、化学物質であるエンドルフィンが放出される

◆それは体の自然な鎮痛ホルモンを活性化するので、治療は腰痛、変形性関節症、頭痛、消化不良を含む急性と慢性の健康状態の広い範囲を治療するために使用される

◆痛みが激しい時、例えば誰かが背中を投げ出した時のように、鍼治療はかなり迅速な安心を生み出すことができる

 
当サイトでも慢性の痛みに対する鍼灸治療の活用例をいくつかご紹介させていただきました。こちらもあわせてご参照ください。

 ⇒ 薬の代わりに鍼灸治療で疼痛管理 - アメリカ

 ⇒ がんの治療に伴う関節痛に鍼灸 - イギリス

 ⇒ 20分の鍼灸治療で慢性疼痛を軽減 - スペイン

 
そして最近では、痛み以外にも、不安や不眠、気分の落ち込みに対するリラックス効果や症状改善のために、鍼灸治療を取り入れるケースも増えてきているようですね。

そのような現代病に対しても、鍼灸治療を試してみる価値はありそうです。

今回の記事の詳細は、「VOGUE」のサイトをご参照ください。

◆VOGUE.com – Why the Summer Is the Perfect Time to Start Getting Acupuncture
https://www.vogue.com/article/acupuncture-guide-benefits-pain-anxiety-glowing-skin?verso=true

 
vogue00acupuncture1
(画像はVOGUEサイトより引用)

 


 


スポンサーリンク






 

コメントを残す