鍼灸院は休業要請がなく苦境に - 神奈川 NHK WEB

「しんきゅう院 休業要請なく苦境」という記事が、神奈川 NHKニュースWEBのサイトに掲載されています。(神奈川NHK NEWS WEB 2020.4.21)

新型コロナウイルスの影響による「緊急事態宣言」で、鍼灸院は休業要請の対象外となっています。

休業要請の対象となる業種では、一定の条件を満たした場合に最大30万円の協力金が支給されますが、対象とならない業種には協力金の支給はありません。

休業要請の対象でなければ、業務続行ということになりますが、一方で、鍼灸院の場合には、(患者さんが)感染リスクを避けるために予約がキャンセルになるというケースが多いんですね。

 
休業せず業務を続けていても、予約がなければ経営が成り立ちません。

施術所の家賃や光熱費などは出ていく一方になるんですね。

多くの鍼灸師にとって、現状は本当に厳しい状況となっています。

この記事で取り上げられている鍼灸院の院長は、次のように話しています。(一部を引用させていただきます)

「事業の継続を求められ、私も仕事を続けたいが、経営は厳しくなっている。休業が要請されていない業種でも影響は大きいので、何らかの支援が必要だ」

 
鍼灸院に来院する患者さんの中には、ぎっくり腰などで急を要するケースが多々あります。

一方で、「健康管理」「病気の予防」という目的の人や、「痛みがあるけれどもがまんできないほどではない」という人もいらっしゃいます。

後者の場合は多くのかたがこの時期に「予約を控える」ことになります。

業務を続けていても予約はなく、コストがかさむ一方ですので、国からの何らかのサポートが必要だと思います。

 
今回の記事の詳細については、神奈川 NHK NEWS WEBのサイトをご参照ください。

◆神奈川 NHK NEWS WEB – しんきゅう院 休業要請なく苦境
https://www3.nhk.or.jp/lnews/yokohama/20200421/1050009959.html

 
kyuugyou1a

 


 


スポンサーリンク






 

コメントを残す