吉岡里帆さん リラックス法を鍼の先生から教わる

「吉岡里帆の精神安定法は『中指のツボ』」という記事が中日スポーツのサイトに掲載されています。(中日スポーツ)

また、エキサイトでも同様のニュース記事が「吉岡里帆、報道陣に指を見せて赤面『そんなフラッシュ撮ることじゃない』」として掲載されています。(エキサイトニュース)

都内で開催されたイベントで、リラックス方法の話になり、その流れで「中指のツボ」が登場したようです。

吉岡里帆さんは「鍼の先生に教わった」とのことですので、鍼灸治療を受診されているんですね。

 
吉岡は、以前も腰痛を取り上げたテレビ番組(TBS「名医のTHE太鼓判!」)に出演されましたので、腰痛をお持ちのようです。

その番組で、「最近の悩みは腰痛です」とコメントしていたんですね。

腰痛の改善のために鍼灸治療を受けられていたのかもしれません。

 
この「中指のツボ」についてのコメントですが、エキサイトニュースでは次のように書かれています。一部を下記に引用します。

対する吉岡は「中指のツボを押さえる」とコメント。「中指にはツボがあって、そこを押すとリラックス効果があるみたいです。鍼の先生に教えてもらったんです」とそのツボ押しを壇上で実践しつつ紹介。野村にマイクを向けられると、「結婚指輪を見せているみたいですね」と恥ずかしそうに話していた。

中指のツボを押している姿が、結婚指輪を見せているように思えてそのように話していたようです。

 
実際に吉岡里帆さんの手を確認してみると、中指の先端を押さえていますね。

実際のツボ(経穴)としては、「中衝(ちゅうしょう)」というツボでしょう。

手の厥陰心包経(てのけついんしんぽうけい)という経絡にあるツボの一つです。

心包経という経絡は、心の臓を包む、ということで心をリラックスさせる働きがあるといわれています。

吉岡里帆さんがかかった鍼灸師の先生は、そのような意図で中指のツボのことを吉岡さんに話したのかもしれません。

 
当サイトでも、ストレス解消やリラックス、不眠改善のための鍼灸治療についてご紹介させていただきましたので、こちらも合わせてご参照ください。

 ⇒ 不眠症に有効な認知行動療法と鍼の併用 - アメリカ

 ⇒ 記者のストレス解消体験記 - アメリカ

 ⇒ 鍼灸治療はストレス軽減と睡眠の質を改善

 
今回の記事の詳細は、下記をご参照ください。

◆中日スポーツ – 吉岡里帆の精神安定法は「中指のツボ」
https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2019062702000206.html

◆エキサイトニュース – 吉岡里帆、報道陣に指を見せて赤面 「そんなフラッシュ撮ることじゃない」
https://www.excite.co.jp/news/article/Sirabee_20162107109/

 
yoshioka1b

 


 


スポンサーリンク






 

コメントを残す