キャンパス内の鍼灸治療室が人気 – アメリカ

2016.11.05 Daily Bruin(デイリー・ブルーイン)
アメリカ・カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の「アーサー・アシュ・学生の健康とウェルネスセンター」には、評判の鍼灸室があると大学新聞「デイリー・ブルーイン」で紹介しています。

UCLAといえば、米国 カリフォルニア州で学生数が最も多い州立大学として知られていますね。

センター内の鍼灸室で鍼灸師スターリー・ロウの治療を受けるには、少なくとも1か月前に予約を入れておかなければならないそうです。

彼女は、症状ではなく原因に対して鍼でホリスティックなアプローチをしていくとのことです。

多くの場合、30分間の鍼灸治療の間、滅菌された鍼をさまざまなツボに刺して身体のエネルギーを再調整していくんですね。

 
実際にどのような治療が多いのか彼女の言葉を以下に引用します。

According to Lowe, social media is literally a pain in the neck; one of the major ailments she sees is something she refers to as “tech neck,” a strain in the neck due to our excessive use of phones, computers and the like. Other common problems she aims to treat are depression and anxiety.

要点は以下のようになります。

◆ロウにいわせると、ソーシャルメディアの問題点は首にあるといえる

◆彼女が治療している主な病気の一つは、電話、コンピュータなどの過度の使用によるストレートネック

◆その他の問題としては、うつ病と不安を扱うことも多い

 
スマホやパソコンが原因で起きる首の骨の問題は、日本の大学生も同じかもしれません。

日本の大学にこのような鍼灸治療室はあるのか気になるところですね。

当サイトでは頚椎や首まわりの痛みに対して、トリガーポイントに鍼を打つと効果的というニュースを過去に紹介しました。こちらも是非ご参照ください。

 ⇒ 首の痛みはトリガーポイントに鍼を打つと効果的

 
経穴(ツボ)とトリガーポイントは必ずしも一致しませんが、つらい首まわりの症状には鍼灸治療は非常に効果的といわれています。

現代病となりつつある、スマホによる首肩こりは、軽い運動や鍼灸治療で改善していきたいですね。

以前、「スマホ巻き肩」という話題もご紹介しました。是非ケアしてみてください。

 ⇒ スマホ巻き肩にはストレッチや鍼灸治療を

 
今回の記事の詳細については、デイリー・ブルーインのサイトをご参照ください。

◆Daily Bruin – Acupuncture: UCLA’s hidden gem
https://dailybruin.com/2016/11/05/acupuncture-uclas-hidden-gem/

 
smakata1a

 


 


スポンサーリンク






 

1件のトラックバック

コメントを残す