ツボ講座 – 疲れ目に攅竹 (さんちく)

現代人の持病とも言うべき疲れ目には、目の周辺のツボが効果的です。

テレビやパソコン、携帯電話やスマートフォンやタブレット端末など
現代には目を酷使するアイテムがたくさんありますね。
勉強やお仕事で目を酷使することも疲れ目を引き起こすでしょう。

そんなときは目の周辺のツボを刺激するといいと思います。

【症状】疲れ目、目がショボショボする

【ツボ】攅竹 (さんちく)、目の周辺

【治療】
両眉の内側のくぼみにあるのが攅竹というツボです。

最初に、この攅竹を両手の親指の腹で左右同時に垂直に押します。ゆっくりと力をいれて5秒ぐらいずつ10回ほど押します。

次に、目の周辺の上側の骨のふちを押します。親指の腹を骨のふちに少し押し込むようにして、目頭から目尻に向けて左右同時に柔らかく押しましょう。

下側の骨のふちは、人差し指か中指で同様に行います。

さらに、目尻から耳までを人差し指と中指を使って軽くもみながら、目を閉じて眼球を軽く押します。「疲れたな」と思ったら、この方法をお試しください。そして目を休めるようにしましよう。

tsubo_sanchiku1


 


スポンサーリンク






 

コメントを残す