パーキンソン病患者の不安に効果的な鍼治療

「パーキンソン病患者の不安に鍼治療が効果的」という記事が、アメリカの医学雑誌「AJMC (American Journal of Managed Care)」の公式サイトに掲載されています。 (AJMC 2022.9.22)

パーキンソン病とは、振戦(ふるえ)や動作緩慢、転びやすい、というような運動症状がある病気で、難病に指定されている疾患です。

脳内の神経伝達であるドーパミンの不足から起こり、心と身体の両方に影響が出るといわれています。

運動症状に加えて、パーキンソン病では「不安になる」のも非常によく見られる症状のひとつなんですね。

この不安症状は、一般的には治療されないままになることが多いようですが、今回の記事ではこの不安症状に対して、鍼灸治療が効果的だったという実験結果が出ています。次のように書かれています。

Patients with Parkinson disease reported significant reductions in anxiety when provided with acupuncture vs sham acupuncture for 8 weeks.

つまり、パーキンソン病患者に対して8週間、鍼治療を受けるグループと受けないグループに分けて経過をみた結果、鍼治療を受けたグループにおいて、「不安」が大幅に減少した、という報告となっています。

この研究報告は、アメリカ医師会が発行する医学雑誌「JAMA Network Open」で発表されています。

詳細はこちらをご参照ください。

 ⇒ パーキンソン病患者の不安に対する鍼治療の有効性

上記サイトにおいて「結論と関連性」のところに次のように記載されています。

This study found acupuncture to be an effective treatment for anxiety in patients with PD. These findings suggest that acupuncture may enhance the wellbeing of patients who have Parkinson disease and anxiety.

つまり、要約すると次のような内容です。

「この研究では、鍼治療がパーキンソン病患者の不安に対する効果的な治療法であることがわかりました。これらの調査結果は、鍼治療がパーキンソン病と不安神経症の患者の健康状態を改善する可能性があることを示唆しています。」

現在日本では、パーキンソン病は指定難病になっており、難病情報センターによると患者数は1000人に1人~1.5人、60歳以上では100人に約1人とのことです。

高齢者に多く、人口の高齢化に伴い、その数は増加しているんですね。

日本の研究では、2012年に明治国際医療大学において、パーキンソン病に対する鍼治療の臨床効果の試験が行われました。

鍼治療で、パーキンソン症状や運動症状が改善する傾向が示されたとのことです。

詳細はこちらをご参照ください。

 ⇒ パーキンソン病に対する鍼治療の臨床効果に関する研究-ランダム化比較試験(RCT)による検討-

身近にある鍼灸治療で、パーキンソン病を患っている方のQOL(生活の質)を向上させることができるかもしれませんね。

今回の記事の詳細については、「AJMC」のサイトをご参照ください。

◆AJMC – Acupuncture Effective for Anxiety in Patients With Parkinson Disease
https://www.ajmc.com/view/acupuncture-effective-for-anxiety-in-patients-with-parkinson-disease

 
walk14a


 


スポンサーリンク