世界陸上出場する松田瑞生選手も鍼灸でメンテナンス

2017.06.29 時事通信社 (時事ドットコム)
「浪速の根性娘、いざ世界へ=22歳松田、母もアシスト-陸上」と題する記事が時事通信社の公式ニュースサイト「時事ドットコム」に掲載されています。

陸上の第101回日本選手権が23日、大阪・ヤンマースタジアム長居で開幕されました。

この大会では今年の夏に開催される第16回世界選手権ロンドン大会(8月4日開幕)の日本代表選手選考会を兼ねていたんですね。

そして女子1万メートルでは松田瑞生選手が代表内定を勝ち取りました。

 
昨年の日本選手権では4位に終わり、リオ五輪代表をあと一歩のところで逃した松田選手は、そのくやしさをバネに猛練習をしたそうです。

そしてその松田選手を陰で支えていたのが、鍼灸師であるお母さまだったようです。

自宅で鍼灸院を開業している松田明美さんは、娘さんが大きな大会を終えるたびに、鍼灸治療で体をメンテナンスしてきたそうです。

「腹筋美人でかわいい」と昨年ぐらいから世間で話題になっていた松田瑞生選手ですが、今回の日本選手権の優勝で世界の舞台へと羽ばたくことになるんですね。

今年8月の世界陸上では、力強い走りに期待したいですね。

 
スポーツ選手が鍼灸治療で体調管理をするというお話は、当サイトでもご紹介してきました。

こちらも合わせてご参照ください。

 ⇒ 高橋尚子さん 鍼灸は高校時代から ? LIVELY WOMAN

 ⇒ 琴奨菊関が体幹訓練と鍼灸治療で体のケア

 ⇒ 「鍼灸ニュースレター No. 3 」- スポーツと鍼灸・統合医療への試み

 
今回の記事の詳細については、時事ドットコムのニュースサイトをご参照ください。

◆時事ドットコム – 浪速の根性娘、いざ世界へ=22歳松田、母もアシスト-陸上
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017062900173&g=spo

 
runner3a

 


 


スポンサーリンク






 

コメントを残す