釈由美子さん 逆子をお灸で治す

妊娠中の女優・釈由美子さんは、妊婦検診で逆子と言われていましたが、お灸で胎児の位置が正常になり逆子が治ったそうです。

数多くのドラマや映画、バラエティ番組等でお馴染みの女優・釈由美子さんは現在、妊娠8カ月です。

Yahooニュースによると3月の検診で逆子ということがわかり、心配していたようですね。

知人から紹介された鍼灸治療を試したそうです。

体の数箇所のお灸で、すぐに逆子が治ったとのことです。

お腹の赤ちゃんがキックする方向が、お灸をする前と後で変わったんだそうですね。

その後の検診でも、はっきりと「逆子が治った」ことがわかったようです。

正常な状態に戻って良かったですよね。

 
「逆子にはお灸がいい」というのは鍼灸業界では常識ですが、世間ではまだまだ知られていないかもしれません。

過去の記事でも何度かご紹介させていただいておりますので、是非ご参照ください。

 ⇒ 逆子には鍼灸治療が効果的?

 ⇒ 植村花菜さん 逆子をお灸で 帝王切開免れる ? デイリースポーツ

 ⇒ 鍼灸(しんきゅう)ニュースレター No.7をリリース - 産婦人科疾患と鍼灸治療

 
ちなみに、逆子を治すお灸のツボとしては、足の小指の爪の外側にある「至陰 (しいん)」という経穴(ツボ)が有名です。

でも、今回の釈由美子さんの逆子治療で使われたツボは、「三陰交 (さんいんこう)」や「足三里 (あしさんり)」だそうですね。

いずれも足にある重要なツボです。

三陰交は婦人科系で良く使われるツボで、足三里は胃腸や養生のツボと言われるように、体調を整えるツボなんですね。

足三里は「奥の細道」で有名なあの松尾芭蕉が、全国を旅した時に足の疲れを癒すためにお灸で使われたツボと言われています。

 
お灸を含め「鍼灸治療」は逆子に限らず、体調を整えてくれますので、薬を使えない妊婦さんにはとても優しい治療法なんですね。

釈由美子さんもこれから出産ということで、まだまだ落ち着かない部分もあるかもしれませんが、元気な赤ちゃんを産んでほしいですね。

今回の釈由美子さんの記事については、Yahooニュースサイトをご参照ください。

 
◆Yahooニュース – 釈由美子、お灸で逆子直った 一発で効果出て驚き
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160429-00000038-dal-ent

 
shakuyumiko1a
(写真はYahooニュースより)

 


 


スポンサーリンク






 

1件のトラックバック

コメントを残す