経穴としても機能する耳ピアス - アメリカ

「経穴としても機能する耳ピアス」という記事が、アメリカの女性向けオンライン・メディア「Glam」の公式サイトに掲載されています。(Glam 2022.10.30)

経穴(けいけつ)とは、いわゆるツボのことで、人間の体には数多くのツボが存在していると東洋医学では考えられています。

ツボは体のアンバランスを改善し、各種器官を調整するといわれていますが、手や足、お腹や背中など、あらゆる場所にツボがあります。

そして、「耳ツボ」といって、耳に限定した特殊なツボのグループがあり、Googleの画像検索などで「耳ツボ」と検索すると、各種の耳ツボの画像が検索されます。

 ⇒ Google画像検索「耳ツボ」

耳の各エリアに、数十個の「耳ツボ」が存在していて、頭や眼、消化器、手や足などに対応し、該当する耳ツボに刺激を与えることで、各器官に影響を与えることができるいわれています。

中にはストレスや精神安定に効果的な耳ツボや、ダイエットに効果的な「食欲を抑える」耳ツボなどというものもあるんですね。

 
今回の記事では、この「耳ツボ」に対する刺激を、ピアスでも実現できる、という内容です。とても興味深いですね。

5ヶ所のポイントが紹介されていますので下記に紹介させていただきます。

1. 減量のための耳珠(じじゅ)

2. 慢性痛の巻き貝(巻き貝の形に似た部位)

3. 不眠症のヘリックス(上部外側に沿った軟骨にするピアス)

4. 消化のルーク(耳上部の軟骨部に開けるピアス)

5. 不安とうつ病のためのダイス(耳輪脚という軟骨の付け根に開けるピアッシング)

どれもとてもユニークですね。

 
東洋医学や鍼灸治療の歴史は古く、3,000年以上前からといわれていますが、ここ数十年で欧米諸国でも盛んに取り入れるようになりました。

鍼による刺激は脳や自律神経に影響を与えるといわれますが、耳に限定した「耳ツボ」は、痛みを軽減させることができるとして、ここ数年で話題になってきています。

そのことが書かれている部分を下記に引用させていただきます。

Acupuncture works by activating points in the body connected to the central nervous system or meridians that create energy flow or qi (via John Hopkins Medicine). It’s believed that acupuncture performed on the ear or auricular acupuncture can help to relieve some pains and illnesses because of the countless amounts of pluripotent cells in the ear that contain information from and represent other organs in the entire human body (via Hindawi). It works as a sort of reflexology system where stimulation of the different points in the ear directly affects corresponding anatomic parts of the body.

要約すると次のような内容です。

・鍼治療は、エネルギーの流れや気を生み出す中枢神経系または経絡に接続された体のポイントを活性化することによって機能します (ジョン・ホプキンス医学より)

・耳の鍼治療は、痛みや病気を和らげるのに役立つと考えられています.

・これは一種のリフレクソロジー システムとして機能し、耳のさまざまなポイントの刺激が身体の対応する解剖学的部分に直接影響を与えます。

古代の東洋から伝わってきた東洋医学そして鍼灸治療ですが、欧米にも広まり、また、ファッションであるピアスに耳ツボの機能があるというのは非常に興味深いですね。

 
今回の記事の詳細については「Glam」のサイトをご参照ください。

◆Glam – Ear Piercings That Do Double Duty As Acupuncture Points
https://www.glam.com/1071721/ear-piercings-that-do-double-duty-as-acupuncture-points/

 
ear16a


 


スポンサーリンク