東洋医学概論の教科書が新版に

公益社団法人東洋療法学校協会が4月20日に『新版 東洋医学概論』(医道の日本社)を発刊しました。22年ぶりの改訂です。

1993年に刊行された「初版 東洋医学概論」を大幅に改訂し、ページ数も352ページとボリュームのある教科書となりました。

2009年に教科書検討小委員会を設置し、初学者にとっての学びやすさを第一とし、臨床につなげられる内容を目指して新原稿の内容を5年間にわたり討議したそうです。

校正段階では有識者や同協会に加盟するすべての学校に意見を求めるなど、各方面に配慮し制作したとのこと。

詳しくは医道の日本社のサイトをでご確認ください。

 
◆医道の日本 公式サイト
「業界ニュース – 東洋療法学校協会が教科書『新版 東洋医学概論』を発刊」
http://www.idononippon.com/information/news/2015/05/08.html

◆医道の日本 公式サイト 「新版 東洋医学概論」
http://www.idononippon.com/book/text/5173-5.html

togaitext1


 


スポンサーリンク






 

コメントを残す