健康な私でも鍼灸治療を受けても良い? -「東洋療法雑学事典」更新

東洋療法学校協会の公式サイトで「東洋療法雑学事典」が更新されています。
「Q:東洋医学に興味があります。健康な私でも鍼灸(しんきゅう)治療を受けても良いのでしょうか?」という疑問とそれに対する回答が掲載されています。

鍼灸治療は「治療」というくらいですから、体調が優れない時に受けるものだと一般的には思われています。

しかしながら鍼灸治療は「病気の予防」や、「健康の維持」という部分も得意分野なんですね。

そして、病気になる手前の「未病 (みびょう)」という状態でも、もちろん鍼灸治療は効果的です。

いろいろなケースで鍼灸治療を受けることが可能、ということなんですね。

今回の回答としては次の通りです。

「A:東洋医学は「未病を治す」という考えのもとに病気やケガの無い方を拝見させて頂くことがあります。例えばたくさん運動をした後のケアや、ケガや病気になりづらい体作りの方法など、今ある健康を維持するための様々な方法を知っています。ですので、どのような方でも鍼灸(しんきゅう)院にお越しいただけると思います。」

鍼灸に関するQ&Aは他にも東洋療法学校協会のページで紹介されていますので是非ご覧ください。

 → 東洋療法学校協会はこちら
(「東洋療法雑学事典」のページをご確認ください)

 
また、当サイトでも鍼灸についての基本情報を掲載していますので、どうぞご確認ください。

鍼灸についてまとめた「鍼灸ファクトブック」も合わせてご覧いただければと思います。

◆鍼灸ファクトブック のページ
http://shinkyu-net.jp/archives/453


 


スポンサーリンク






 

コメントを残す