熊本地震 鍼灸関連の活動報告 第9報 2016年6月17日現在

熊本地震 鍼灸関連の活動報告 第9報です。

(公社)日本鍼灸師会、(公社)全日本鍼灸マッサージ師会による合同鍼灸マッサージボランテイア活動は、熊本県鍼灸マッサージ師会・福岡県鍼灸マッサージ師会を中心に全国から登録された鍼灸マッサージボランティアにより、熊本市立総合体育館、西原村、宇城市松橋の避難所、保育園、特別支援施設にて鍼灸マッサージ施術のボランティア活動を継続しています。

避難所生活からくるストレスによる様々な愁訴に対してだけでなく、医療班の支援も減少しつつある現在、鍼灸マッサージ師が避難所の中を巡回することにより医療支援を必要とする避難者の方を早期に発見、情報伝達できることも、避難者の方々や現地の職員の方々から受け入れて頂けている理由ではないでしょうか。

今後は仮設住宅も出来、よりきめ細かい息の長い活動を続けていく予定です。

現在まで延べ1,667人の被災者の方に施術を行い、延べ313人が活動に参加しました。

 
最新情報につきましては「鍼灸net/AcuPOPJ 災害関連情報のページ」をご確認下さい。

 ⇒ 鍼灸net/AcuPOPJ 災害関連情報のページ

 
k20160617a

 
k20160617b

 
k20160617c

 
k20160617d

 
k20160617e

 


 


スポンサーリンク






 

コメントを残す