ケニアでの鍼灸活動報告 2014年版

ケニアの無医地区における医療チームによる活動に鍼灸師が参加(2014)した際の報告が、愛知県鍼灸専門師会のサイトに掲載されています。

「活動を続けてきたことで次第に定着してきたようで、自ら鍼灸を希望される方も多かったようです。また医師の理解も得たことで内科や小児科から患者さんを紹介されることも少なくありませんでした。」

「今年は自らHIV 検査を受けたいと申し出る方が何人かいらっしゃいました。HIV がタブー視され、差別の対象となっている地域においては画期的なことです。」

(愛知県鍼灸専門師会 坂光信夫氏)

 
詳しくは公式サイトをご参照ください。

◆愛知県鍼灸専門師会 公式サイト
http://aisenkai.harikyu.or.jp/

トップページのニュース欄の

「アフリカ支援 アサンテ ナゴヤの医療ボランティア活動レポート」

です。


 


スポンサーリンク






 

1件のトラックバック

コメントを残す