「鍼灸は被災者の心と体を同時にケアする」北国新聞に掲載

2012.02.26 北国新聞
「鍼灸は被災者の心と体を同時にケアする」と題し、東北大学大学院医学系研究先進漢方治療医学講座講師の関隆志先生の言葉として、被災地で安眠を誘う鍼灸治療が有用だったことが紹介されました。


 


スポンサーリンク






 

コメントを残す