「慢性閉塞性肺疾患(COPD)に、はり治療が有効」日本経済新聞ほか

2012.05.26 日本経済新聞ほか各紙
京都大学と明治国際大学が発表した「たばこや大気汚染の影響で呼吸が徐々に困難になる慢性閉塞性肺疾患(COPD)で起きる息切れを和らげるのに、はり治療が有効」との報告が日本経済新聞をはじめ各紙で紹介されました。

発表内容の詳細は下記をご参照ください。
http://www.meiji-u.ac.jp/blog/jukensei/12328


 


スポンサーリンク






 

コメントを残す