「伝統医療を上手に活用する」鍼灸について 毎日新聞に掲載

2014.09.11 毎日新聞
「シニアのための健康術」の欄で、鈴木隆雄先生(国立長寿医療研究センター研究所所長)が「伝統医療を上手に活用する」と題し、鍼灸のことを紹介しています。

「現在の(超)高齢社会の中で、高齢期の慢性的な痛みの緩和や健康とQOL(生活の質)の維持に伝統医療の良さが見直されるようになってきています。」

「高齢期には・・・(中略)・・・若い時とは違った不具合が出やすくなります。そんな時、鍼灸や漢方などを医師や専門家のアドバイスを受けながら取り入れることを検討してみてもよいかもしれません。」

詳しくは毎日新聞の公式ページをご参照ください。

◆毎日新聞 2014年9月11日
http://mainichi.jp/shimen/news/m20140911ddm013070173000c.html


 


スポンサーリンク






 

コメントを残す