「7つの“ながらツボ”」@niftyニュースに

2015.02.13 @niftyニュース (@DIME)
@niftyニュースに「3分でカラダが変わる7つの“ながらツボ”」としてツボについての記事が掲載されています。

ツボは体全体にありますが、手足にあるツボは手軽に刺激ができて、短い時間で体の微調整が可能かもしれません。

この記事では、なにか作業をしながらでも刺激できる手足のツボが紹介されています。

ツボの正確な位置は厳密なものではなく、軽く押してみてズーンとした心地よい響きがある部分でいいんですね。

場所によっては少し痛みを感じるツボもあるでしょう。

ここでは下記の7つのツボについて解説されているようです。

(1)井穴 (せいけつ) 冷え性に

 これは一つのツボではなく、各指先にあるツボなんですね。爪の付け根の脇の部分になります。

(2)腰腿点 急な腰痛に

 このツボは手の甲にあるツボです。人差し指と中指の付け根のもっと手首よりに、骨が交差する部分があります。
 ここを押すと鈍い痛みが出る人が多いと思いますがここが腰腿点です。もう一箇所あって小指と薬指のやはり骨の付け根です。

(3)後渓 (こうけい) 肩こりに

 これは手の小指側の外側にあるツボですが、握りこぶしを作って小指の付け根の下にしわができますが、このしわの終点です。

(4)合谷 (ごうこく) 飲みすぎによる肌荒れに

 これは以前、歯の痛みでご紹介しましたが、親指と人差し指の付け根のさらに手首寄り、両指の骨の間です。

 ⇒ ツボ講座 ? 歯の痛みに合谷 (ごうこく)

(5)神門 (しんもん) ストレス解消に

 小指から手首に向かって延長した線と、手首のしわとの交点付近です。

(6)労宮 (ろうきゅう) 疲労回復に

 こちらも以前ご紹介しましたが、手のひらの中央にあるツボですね。

 ⇒ 気象病とは? 自律神経のバランスを整えるツボの紹介

(7)内関 (ないかん) 二日酔いの朝に

 こちらは車酔いの吐き気に効果的なツボとしても知られていますが、手首のしわの手のひら側の中央から肘に向かって3~4センチのところです。

どうぞお試しくださいませ。

 
◆@niftyニュース 「【働きマンの資本論】3分でカラダが変わる7つの“ながらツボ”」
http://news.nifty.com/cs/technology/productdetail/dime-20150213-065719/1.htm


 


スポンサーリンク






 

コメントを残す