はりきゅうの治療費はいくら? -「東洋療法雑学辞典」更新

東洋療法学校協会の公式サイトで「東洋療法雑学辞典」が更新されています。
「Q:はりきゅうの治療費はいくら位ですか。看板に書いていないので不安です。」という疑問とそれに対する回答が掲載されています。

鍼灸治療の治療費はさまざまですが、自由診療の場合、首都圏ではだいたい4,000円から6,000円というケースが多いようです。

地方都市の場合ではもうすこし安価で、3,000円以下というところもあるようですね。

その地域の物価やその他家賃などの価格によって異なってくると思われます。

 
自由診療ではなく、保険診療の場合は当然のことながらさらに価格は下がりますが、一定の条件があるんですね。

以前の記事でもご紹介しましたが、鍼灸で保険適用となる疾患は下記の通りです。いずれも医師の同意書が必要となります。

(1)神経痛 坐骨神経痛など

(2)リウマチ 急性、慢性で各関節が腫れて痛むもの

(3)腰痛症 慢性の腰痛、ギックリ腰など

(4)五十肩 肩の関節が痛く腕が上がらないもの

(5)頸腕(けいわん)症候群 首から肩、腕にかけてしびれて痛むもの

(6)頚椎捻挫(けいついねんざ)後遺症 首の外傷、むちうち症など

その他、これに類する慢性的な疼痛のある疾患

 
本サイト「鍼灸net」におきましても、「鍼灸の費用と保険」のページに記載していますので、どうぞご覧ください。

 →「鍼灸の費用と保険」のページ

 
今回の疑問と回答の詳細については、東洋療法学校協会のページに書かれていますのでそちらをご参照ください。

 → 東洋療法学校協会はこちら
(「東洋療法雑学辞典」のページをご確認ください)


 


スポンサーリンク






 

コメントを残す