「かかりつけの鍼灸院が休み」ギックリ腰の小原正子さん デイリースポーツ

2014.12.31 デイリースポーツ(WEB)
クワバタオハラの小原正子さんが30日にギックリ腰になり、かかりつけの鍼灸院も休みで困っているという記事が、デイリースポーツの公式サイトに掲載されています。

小原さんといえば、元メジャーリーガーのマック鈴木さんと今年6月にご結婚されて、先日、妊娠の発表もありましたね。

出産予定日は3月ということですが、座った姿勢から立ち上がった時にぎっくり腰になってしまったようです。

ここ最近ますます寒くなってきていますし、おそらくお腹も大きくなっていることでしょう。ぎっくり腰になりやすい条件がそろったのかもしれませんね。

 
興味深いのは小原さんの「かかりつけの鍼灸院」という言葉です。

昔から鍼灸治療が盛んだった関西地方では、「かかりつけ鍼灸院」や「かかりつけ鍼灸師」は、一般的だったと思います。

でも、東京を始めとして関東地方では、最近は少し珍しい響きの言葉のような印象があります。

しかしながらこれからの日本は、超高齢化社会を迎え、おそらく医療費が増え続けていく中で、「病気の予防」は非常に重要な課題となってきそうです。

そんな中でこの「かかりつけ鍼灸院」あるいは「かかりつけ鍼灸師」という概念は、特別な意味を持ってくるような気がします。

本格的な病気になる前に体調を整えていく、今後の社会では予防医学としての鍼灸がスポットを浴びるかもしれませんね。

 
クワバタオハラの小原さんの記事は次のリンクからご参照ください。

◆デイリースポーツ 「妊娠中の小原正子 年の瀬にギックリ腰に」
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/12/31/0007625810.shtml


 


スポンサーリンク






 

コメントを残す