「ケガをしたフクロウに鍼治療」AFPBBニュースに

2014.12.12 AFPBBニュース
スペインのマドリードの保護施設で、けがをしたフクロウが鍼(はり)治療を受けているとして、AFPBBニュースで取り上げられています。

このふくろうは誤って工場の排気管に飛び込んでしまい、背中にけがをしたんだそうですね。
雄のコキンメフクロウが、鍼(はり)治療を受けています。

動物に鍼をするというのは最近では珍しくありませんが、フクロウに鍼灸治療というのはなかなか見られませんね。

fukurouhari1

(画像はYahooニュースより)

このフクロウは、神経系を刺激する鍼治療を受けるうちに跳び歩けるようになったそうです。
11月に負傷したとのことですが、10週間が経過した今では飛ぶことも可能になったとか。

すごいですね。

どのツボに鍼を刺しているのでしょう。写真で見る限りでは「膝まわり」でしょうか。頭のてっぺんにも刺していますね。これは「百会 (ひゃくえ)」のツボかもしれませんね。

詳しくはYahooニュースで見ることができますのでご参照ください。

 
◆Yahooニュース 「けがしたフクロウ、はり治療で飛べるまで回復 スペイン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141212-00000040-jij_afp-int


 


スポンサーリンク






 

コメントを残す