「ニュージーランドで鍼灸はビッグビジネス」Scoopニュースに

2014.11.21 Scoop News
ニュージーランドScoopニュースで「ニュージーランドで鍼灸はビッグビジネス」として記事が掲載されています。

「Acupuncture is big business in NZ」

ニュージーランドでは鍼灸治療がとても盛んだそうです。

ニュージーランドでは「ACC」という補償制度があって、補償に該当する場合は鍼灸治療費はこのACCでカバーされるようです。一種の医療保険のようなものと考えられますね。

※ACC・・・「The Accident Compensation Corporation」の略。ニュージーランドの補償制度。1974年に設置され、現在は「Injury Prevention, Rehabilitation and Compensation Act 2001」という法律に基づいて運営されています。

ニュージーランドにある「NZRA」という登録鍼灸師 (NZ Register of Acupuncturists)や、「NZASA」(the New Zealand Acupuncture Standards Authority)に加盟していると、ACCの補償制度が受けられるとのことです。

このNZRAの代表のマクブリドさんは、「プライマリケア医を対象とした2006年の調査では、86パーセントの医師が鍼灸治療は有益であると考えており、80パーセントが自分の患者を鍼治療に紹介してもよいと回答した、という結果が出ている」と話します。

また、「他の西洋の国々と同じように、ニュージーランドでも鍼灸師という職業が急速に成長している」とも話しています。

日本とニュージーランドとでは状況がかなり違うようですね。

詳しくは公式サイトをご参照ください。

 
◆ニュージーランド 「Scoop」公式サイト 「ニュージーランドで鍼灸は偉大な職業」
http://www.scoop.co.nz/stories/GE1411/S00119/acupuncture-is-big-business-in-nz.htm


 


スポンサーリンク






 

1件のトラックバック

コメントを残す