8月9日の「はりきゅうマッサージの日」北海道鍼灸マッサージ師会

8月8日(日)午前10時、札幌市内大通りを中心にポケットティッシュ・チラシの配布を行いました。

開始直前まで雨が降っており、蒸し蒸しする中、鍼灸学校の先生、生徒、ボランティア、会員の協力のもと、無事に終わりました。

その後、ホテルノースシティに移動し、1時から公開講座「野菜は自然の贈りもの」というテーマで宇都宮 庸子さんの講演を行い、その後マッサージギフト券の当たる大抽選会を行った。会場を変えて、はり・きゅう・マッサージの体験、健康・保険・視覚障害者の生活相談等を受けました。

昨年よりは多少、少ない42名の一般のお客様に入って頂き、はり・きゅう・マッサージの体験については、昨年よりもより充実できたイベントであったと思います。

参加協力者として鍼灸学校の先生2名、生徒5名、ボランティア5名、会員15名の協力がありました。
また、同日、十勝では芽室町において、十勝鍼灸マッサ-ジ師会が主催で、午前11時からJR芽室駅前を中心にティッシュとチラシを配り、午後1時より駅前にあるショッピングセンターと、コミュニティー施設が併設されている[めむろーど]において、一般町民を対象に、はり・マッサージの体験コーナーを実施した。体験コーナーへの参加者においては予想より少なめでした。

harikyunohi_hokkaido01


 


スポンサーリンク






 

コメントを残す