米軍が「代替医療」を治療に積極的に導入 東京新聞

2010.07.04 東京新聞
アフガニスタン戦争とイラク戦争で心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断される米兵が年間一万人超で推移していることから、米軍が東洋古来の鍼(はり)や日本発祥のレイキ(霊気)など、西洋医学に代わる「代替医療」を治療に積極的に導入し始めたことが報道されました。


 


スポンサーリンク






 

コメントを残す