『はじめての鍼灸』発売 – 医道の日本社

鍼灸(しんきゅう)がどのようなものか紹介する小冊子『はじめての鍼灸』が販売開始となりました。医道の日本社のサイトに掲載されています。

この『はじめての鍼灸』は、鍼灸の基礎知識について解説した「鍼灸FACT BOOK (しんきゅうファクトブック)」の改訂版として、このたび誕生しました。

「鍼灸FACT BOOK」は、よく耳にするのによく知らない「はり・きゅう」の基礎知識についてわかりやすく解説し、一冊の本として、当時の活動団体である鍼灸医療推進研究会 (※現在の「国民のための鍼灸医療推進機構 - AcuPOPJ」)がまとめた書物です。

「鍼灸FACT BOOK」については当サイトでもご紹介していますのでこちらもご参照ください。

 ⇒ 鍼灸 FACT BOOK

 
さて、この『はじめての鍼灸』ですが、次のような紹介文が書かれています。

「医道の日本」誌で2017 年9月より1年間連載した「鍼灸受療率アップ大作戦!」では、鍼灸未体験者に鍼灸のイメージを聞き、その後実際に鍼灸治療を受けてもらい、率直な感想や疑問などを尋ねてきました。
この連載の取材を通して編集部がたどり着いた一つの答えは、「一般向けに鍼灸を分かりやすく伝えるモノをつくろう」でした。
そして、鍼灸関連4団体が、2007年に制作した一般向け資料『鍼灸FACTBOOK』を4団体監修のもと全面改訂し、『はじめての鍼灸』が誕生しました。手に取りやすいサイズで、イラストが豊富です。一般の方に鍼灸を知ってもらうツールとしてご活用ください。

監修 : 国民のための鍼灸医療推進機構(AcuPOPJ)
編集 : 医道の日本社編集部
仕様 : A5版 31頁
発行年月 : 2019/6/1
定価 本体220円+税

また、目次項目については下記の通りです。

p.3   鍼灸はみんなのミカタ
p.4   鍼灸治療を受けた方に聞きました
p.5   鍼は痛くない、お灸は熱くない
p.6   私たちも鍼灸治療を受けています
p.7   私は鍼灸師です
p.8   鍼灸治療の対象となる疾患
p.9   鍼灸師は免許が必要
p.10  鍼灸の診療の仕方
p.11  鍼灸の基礎知識
p.13  鍼灸の効果
p.14  鍼灸にできること
p.15  子どもと鍼灸
p.16  女性と鍼灸
p.17  美容と鍼灸
p.18  慢性疼痛と鍼灸
p.19  高齢者と鍼灸
p.20  災害と鍼灸
p.21  関節リウマチの痛みやストレスの軽減
p.21  認知症の予防や早期発見、介護分野での役割
p.22  鍼灸師、鍼灸を学ぶ学生たちの社会貢献活動
p.22  ペットと鍼灸
p.23  鍼灸院で養生指南を受ける
p.24  鍼灸の歴史
p.25  世界で注目される鍼灸療法
p.26  鍼灸治療の道具について
p.28  鍼灸治療院の選び方
p.29  健康保険が受けられる症状
p.30  鍼灸Q&A
p.31  参考文献

 
手軽なサイズの冊子ですが、内容は盛りだくさんで、しかもとても読みやすい印象でした。

実際に冊子の内容についてもサンプルが掲載されていますので医道の日本社のサイトを是非ご参照ください。

◆医道の日本社 – 『はじめての鍼灸』
https://www.idononippon.com/book/shinkyu/0001-0.html

 
hajimetenoshinkyu_hyoshi

 


 


スポンサーリンク






 

コメントを残す