鍼灸はなぜ効くのですか? -「東洋療法雑学事典」更新

東洋療法学校協会の公式サイトで「東洋療法雑学事典」が更新されています。
「鍼灸はなぜ効くのですか?」という疑問とそれに対する回答が掲載されています。

鍼灸治療では、体に鍼(はり)を刺すことにより体が反応し、血流が改善され、痛みなどの症状が軽減するとよくいわれます。

実際のところ、鍼がなぜ効くのかについては、まだまだ解明されていない部分が多いようですね。

痛みだけでなく、体内のさまざまな調整機能に影響を与えるともいわれています。

鍼灸をしたあとに実際にデータを取ってみると、筋肉の緊張がほぐれたり、血流に変化があったり、神経学的にも変化があるようです。

 
一般に言われている鍼灸の効果としては、下記の通りです。

・ゲートコントロール 針刺激が脊髄において痛みを抑制する。

・エンドルフィン 針刺激がモルヒネ様鎮痛物質の遊離を促し痛みを抑制する。

・末梢神経の遮断効果 針刺激が末梢神経の痛みのインパルスを遮断する。

・経穴(ツボ)の針刺激による痛覚閾値の上昇による鎮痛効果。

・血液循環の改善 筋肉の緊張をゆるめ血行状態を良くする。

 
当サイトでも鍼灸の効果について記載したページがごさいますので、そちらもあわせてご参照ください。

 ⇒ 鍼灸の効果

 ⇒ 鍼灸の効果と自律神経

 
「東洋療法雑学事典」の中では、今回の質問の回答は次のように書かれています。

鍼灸(しんきゅう)が効いているのではありません。治しているのはあなた自身の体です。鍼灸(しんきゅう)はその後押しをしているだけです。

 
東洋療法雑学事典では、一般の人が思われるような素朴な疑問に答えています。下記も是非ご参照ください。

 ⇒ 注射は痛いのに、鍼(はり)治療はなぜ痛くないの?

 ⇒ 痩(や)せるツボはありますか?

 ⇒ 東洋医学は難しいイメージがあるのですが

 
その他さまざまなQ&Aは東洋療法学校協会のページで紹介されていますので是非ご覧ください。

公益社団法人 東洋療法学校協会は、下記を活動目的としている団体です。

あん摩マッサージ指圧、はり、きゅうに関する教育の調査研究及び教材等の開発、教員の養成・研修等を行うことによって、あん摩マッサージ指圧師、はり師及びきゅう師の学校養成施設の教育の振興を図り、国民の保健衛生の向上に寄与することを目的としております。

 → 東洋療法学校協会はこちら
(「東洋療法雑学事典」のページをご確認ください)

 
鍼灸についての基本情報をまとめた「鍼灸ファクトブック」も当サイトにはございますので是非ご覧ください。

 ⇒ 鍼灸ファクトブック

 
kaifuku1a

 


 


スポンサーリンク






 

コメントを残す