脳点さすりで目のトラブル防止 - zakzak 夕刊フジ

2019.03.29 zakzak 夕刊フジ
「『脳点さすり』で目のトラブル防止、血流良くなり脳梗塞や心筋梗塞の予防効果も期待」という記事が、夕刊フジ系列の「zakzak」のサイトに掲載されています。

4月2日発売の『健康』5月号で、「首の後ろほぐし」を特集しているそうです。

その中で、「脳点(のうてん)さすり」という健康法が紹介されていて、目のトラブルに効果的とのことです。その部分を下記に引用させていただきます。

老眼や近視、緑内障、白内障、眼精疲労といった目のトラブル、加えて脳梗塞・心筋梗塞を防ぎたい人におすすめなのが、「脳点さすり」。「脳点」は、倉敷芸術科学大学の内田輝和客員教授が、長年の鍼治療の経験の中で発見したツボで、首の後ろのすぐ上の後頭部に位置しています。

 
「脳点」というツボが後頭部にあるとのことですか、鍼灸治療で扱う一般的なツボとしては、そのようなツボはありません。

「脳点」の場所は、後頭部の髪の生え際の上方で、骨の際近くにあるそうですが、この記事で紹介されている客員教授が経験の中で発見したツボ、と書かれています。

鍼灸学校で学ぶ、WHO標準のツボとしては、胆経の「脳空(のうくう)」の位置に近いと思います。

やはり「脳」という漢字を使いますので、効能の一つに、脳や頭部の血液循環に効果的だといわれています。

 
後頭部には、眼の疲れや眼のトラブルに効果的といわれるツボが多くあります。

「脳空」と同じく胆経の「風池(ふうち)」というツボや、膀胱経の「天柱(てんちゅう)」というツボは、眼精疲労などでよく使われるツボなんですね。

実際に、先日のNHK番組での鍼灸特集でも取り上げられました。

眼を酷使していくと、このあたりの筋肉が細かく動き、「首こり」につながるんだそうですね。

このあたりの筋肉群は、後頭下筋群(こうとうかきんぐん)と呼ばれます。

今回の「脳点」を始め、「脳空」や「風池」、「天柱」などのツボは、上記のような意味においても、眼の問題に対して使われるツボだということがわかります。

 
NHKで取り上げられた内容についてはこちらをご参照ください。

 ⇒ 東洋医学ホントのチカラ~最新科学で迫る鍼灸(しんきゅう)の秘密~ NHK総合テレビ

 ⇒ ガッテンで鍼灸治療の紹介

 
今回のこの記事では、「老眼や近視、緑内障、白内障、眼精疲労といった目のトラブル、脳梗塞・心筋梗塞を防ぎたい人におすすめ」とありますので、興味深いですね。

日ごろのちょっとしたツボ押しやマッサージにおいても、眼の疲れなどはずいぶん楽になりますので、眼を酷使する現代人は、早速試してみるといいですね。

 
今回の記事の詳細は、「zakzak」のサイトをご参照ください。

◆zakzak – 「脳点さすり」で目のトラブル防止 血流良くなり脳梗塞や心筋梗塞の予防効果も期待
http://www.zakzak.co.jp/lif/news/190329/lif1903290002-n1.html

 
eyes3a

 


 


スポンサーリンク






 

コメントを残す