一流の鍼治療のために - アメリカ

「一流の鍼治療のために」という記事がアメリカのミネソタ州のローカル紙のサイトに掲載されています。(StarTribune スタートリビューン)

多くの医療提供者は、鍼治療を米国のオピオイド流行と戦うための可能な手段と見なしているそうです。

背中の痛みや頭痛、アレルギー、関節炎など、鍼治療によって軽減できる可能性のある疾患は、ここ数年で少しずつ知られるようになってきました。

鍼治療は薬物治療と異なり、副作用や合併症の危険性もほとんどないといわれています。

 
なぜ鍼灸の効果があるのか、まだまだはっきりとは解明されていません。

しかしながら、いろいろな医療を試してみた結果、鍼灸治療を「だめもと」で試したところ、痛みが軽減していった、というお話は日本における鍼灸現場でもよく聞きます。

この記事では、鍼の専門家は鍼治療での効果を、体内の鎮痛剤のような効果によるもの、あるいは刺鍼による体の反応による痛みの遮断と考えているようですね。

そのことについて書かれている部分を下記に引用いたします。

Western medicine proposes several theories on how acupuncture works. One premise: It releases the body’s own painkillers, or endorphins. Another hypothesis, the Gate Control Theory of Pain, argues that the body shuts down pain receptors in response to acupuncture’s needling.

要点は次のようになります。

◆西洋医学は鍼治療のしくみについていくつかの理論を提案している。

◆一つの前提:それは体自身の鎮痛剤、またはエンドルフィンを放出する。

◆もう一つの仮説、疼痛のゲートコントロール理論は、鍼治療の針刺しに反応して身体が疼痛受容体を遮断すると主張している。

最近の研究では、慢性疼痛に対して鍼治療が効果的であるということが評価されたようですね。(American Specialty Health Inc.(ASH)による研究)

 
この記事では、鍼灸師を探すには医師を通じて、あるいは、関連団体で認証を確認してください、とあります。

・鍼灸師が医師である場合は、アメリカ医学鍼療法委員会(ABMA)(www.dabma.org)による認証を確認

 あるいは、アメリカ医学鍼灸学会アカデミー(www.medicalacupuncture.org)のメンバーである医師を確認

・鍼師が医師ではない場合は、鍼灸東洋医学認証委員会(NCCAOM)(www.nccaom.org)による認証を確認

と書かれています。

 
アメリカでは州によって法律が異なるようですが、ミネソタ州はアメリカの中でも鍼灸治療が積極的に取り入れられているようですね。
こちらも是非ご参照ください。

 ⇒ 救急救命の現場で鍼灸治療が活躍 – アメリカ

また、痛みに対する鍼灸治療についてはこちらもご参照ください。

 ⇒ 痛みの対処には服薬より鍼灸 - アメリカ

長く続く慢性の痛みが改善しない場合は、一度、鍼灸治療を試してみる価値はありそうですね。

 
今回の記事の詳細は、「スタートリビューン」のサイトをご参照ください。

◆StarTribue – How to shop for top-notch acupuncture treatments
http://www.startribune.com/how-to-shop-for-top-notch-acupuncture-treatments/505116752/

 
backpain3a

 


 


スポンサーリンク






 

コメントを残す