東洋医学の薬膳とはどういうものですか? -「東洋療法雑学事典」更新

東洋療法学校協会の公式サイトで「東洋療法雑学事典」が更新されています。
「東洋医学の中で薬(やく)膳(ぜん)と言う言葉を聞きますが、これはどういうものですか? 」という疑問とそれに対する回答が掲載されています。

薬膳とはどんなものなのでしょうか。

文字からすると「薬」そして「膳」は食事ですので、薬のように体への効能を目的とした食事という印象があります。

辞書や事典では、次のように表現しています。

「健康維持や健康増進,病気の予防・治療,不老長寿などを目的とした中国発祥の料理,献立。日々の食事(食養生)は薬の投与と源は同じである,とする中国古来の思想(薬食同源)から生まれた。中国最古の医書『黄帝内経』の『素問』には穀畜菜果(一般の食物)をとることが健康保持の基本であるという記述がみられる。
(「コトバンク」より引用 https://kotobank.jp/ )

古代の中国からある考えとして、食事そのものが薬と同じということなんですね。

「医食同源」とか「薬食同源」という考えですね。

人間は食べ物から栄養を取り入れますから、何を食べるかということが重要だということでしょう。

しかも、個人個人は体質も違いますから、その人に合った食事というのが大事なんですね。

 
さらに次のように表現されていたりもします。

薬膳では,すべての食物は五味(酸味,苦味,甘味,辛味,塩味)と五性(熱性,温性,平性,涼性,寒性)の特性をもつと考えられる。目的の効果を得るためには,五味五性をいかして食材を選ぶこと,さらに摂取する人の体の状態や体質,気候との適合を考慮することが重視される。漢方薬や生薬を用いる場合も多い。
(同上 引用)

その人の体質や状態、季節の状況なども考慮するということなんですね。

 
「東洋療法雑学事典」の中では、今回の質問の回答は次のように書かれています。

A:その人の体質に合わせて、こういうものを食べた方が良い。と、言うのが薬膳の本質です。薬膳と聞くと味が薄い・漢方薬の臭いがする・美味しくないと、言うイメージがあるかも知れませんが、それは薬膳の本質ではありません。食材にも東洋医学的分類がされていて、その人に合わせたメニューは、スーパーの食材でも十分に揃える事が出来ます。

薬という漢字が与える印象で、どうしても薬っぽい食事を想像してしまいますが、そうではないんですね。

体に合わせた食事のメニューということでしょう。

 
東洋療法雑学事典では、一般の人が思われるような素朴な疑問に答えています。下記も是非ご参照ください。

 ⇒ ダイエットしたいのですが

 ⇒ 未病治とはどういうことでしょうか?

 
その他さまざまなQ&Aは東洋療法学校協会のページで紹介されていますので是非ご覧ください。

公益社団法人 東洋療法学校協会は、下記を活動目的としている団体です。

あん摩マッサージ指圧、はり、きゅうに関する教育の調査研究及び教材等の開発、教員の養成・研修等を行うことによって、あん摩マッサージ指圧師、はり師及びきゅう師の学校養成施設の教育の振興を図り、国民の保健衛生の向上に寄与することを目的としております。

 → 東洋療法学校協会はこちら
(「東洋療法雑学事典」のページをご確認ください)

 
鍼灸についての基本情報をまとめた「鍼灸ファクトブック」も当サイトにはございますので是非ご覧ください。

 ⇒ 鍼灸ファクトブック

 
yakuzen1a

 


 


スポンサーリンク






 

コメントを残す