鍼(はり)を刺された時、痛みがある時とない時 なぜですか? -「東洋療法雑学事典」更新

東洋療法学校協会の公式サイトで「東洋療法雑学事典」が更新されています。
「鍼(はり)を刺された時、痛みがある時とない時があります。それはどうしてですか?」という疑問とそれに対する回答が掲載されています。

 
鍼灸治療で使用される「鍼(はり)」は、一般的にイメージされている「針」とはだいぶ異なります。

縫い針や注射針を体に刺すと考えると、非常に痛い印象がありますよね。

鍼灸で使用される鍼は、ずっと細いので、鍼を刺した時に感じる痛みはほとんどありません。

あるいは、場合によっては多少の痛みを感じますが、それは皮膚にある「痛点(つうてん)」に当たった時といわれています。

 
また、鍼が体に刺さったあとに、また別の痛みとして感じる場合もあります。

これは以前ご紹介した「ひびき」というものですね。

必ずしも痛みとして感じるわけではありませんが、独特の感覚があります。

 ⇒ 鍼はひびきを感じる方が効果がある?

 
「東洋療法雑学事典」の中では、今回の質問の回答は次のように書かれています。

「皮膚の表面にはいろいろな感覚の受容器と言って、感覚の受け入れ場所があります。それは目で見ても分からないほど小さいもので、その受容器に鍼(はり)先が入ると痛く感じ、入らなければ痛くありません。また、鍼を刺している時に血管を傷つけてしまうと痛みを感じます。」

その他さまざまなQ&Aは東洋療法学校協会のページで紹介されていますので是非ご覧ください。

 → 東洋療法学校協会はこちら
(「東洋療法雑学事典」のページをご確認ください)

 
鍼灸についての基本情報をまとめた「鍼灸ファクトブック」も当サイトにはございますので是非ご覧ください。

 ⇒ 鍼灸ファクトブック

 
harisashi2

 


 


スポンサーリンク






 

コメントを残す