鍼灸 国家試験 2017の解答速報

はり師・きゅう師の国家試験の解答速報 2017についての情報をこちらで随時更新させていただきます。

毎年1回、2月に実施される「あん摩マッサージ指圧」「はり」「きゅう」の各国家試験については、2017年は2月25日(あマ指)と、2月26日(はり・きゅう)に実施ということで、以前ご紹介させていただきました。

 ⇒ 鍼灸 国家試験の日程が発表に (2017年)

そして、受験生の皆さんにとっては国家試験の解答速報が気になるところですね。

毎年、試験当日には午前の試験が終わるとすぐに、専門のサイトや業者さんによって解答速報が発表されます。

ちょうど午後の試験の時間帯で、午前の試験の解答速報が出るんですね。

2017年も例年同様、「鍼灸の国家試験の解答速報2017」として発表になることでしょう。

以前もご紹介させていただいてますが、解答速報について主な発表サイトを下記に記載します。

ウィルワンさんや、全柔協さんのサイトが有名ですね。

 
2017年の国家試験が終了になってからご覧いただくと良いでしょう。試験前は空欄だったり前回の情報ですので。

◆ウィルワン 第25回 2017年 鍼灸国家試験 解答速報
http://www.willone.jp/kaitousokuho_hari_25.html

◆全国柔整鍼灸協同組合(全柔協) 鍼灸国家試験 解答速報
http://www.jusei.gr.jp/kokushi/

◆ウィルワン 第25回 2017年 あん摩マッサージ指圧師国家試験 解答速報
http://www.willone.jp/kaitousokuho_anma_25.html

 
解答速報ということで、受験された皆さんにとってはいち早くその内容を知りたいところですが、注意点もあります。

それは、「全部が正しいわけではない」ということなんですね。

あくまでも「速報」ということで発表されますので、スピード重視となります。

その分、正確性についての優先度はスピードよりも低いということになるわけです。

ただ、例年のケースでは正式解答と解答速報を比較すると、その違いは1~2問程度で、多くても3問程度のようです。

中には「不適切問題」、つまり解答がいくつも考えられる問題だったり、解答がどれにも当てはまらない等、国家試験出題側に不備があるケースがあるんですね。

そうなるとその問題は「無効」となります。

ケースによりますが、その試験問題については「無かったもの」とされたり、「全員正解」とされたりするようですね。

いずれにしても解答速報では、多少の誤差はありますが、事前の合格可否判断の参考資料としては充分に有効な資料になると言えるでしょう。

 
そして気になる公式の合格発表ですが、例年は試験日の約1ヶ月後に、厚生労働省のホームページにて発表されます。

そして合格率なども公表されるんですね。

鍼灸の国家試験の合格率については以前もご紹介させていただきましたが、過去のものは下記をご参照ください。

 ⇒ 鍼灸 国家試験の結果が発表に (2016年 合格者数と合格率)

 ⇒ 鍼灸国家試験の合格率 第23回 (2015年)

解答速報関連については最新の情報が発表になり次第、このページにて更新させていただきます。

 
鍼灸の国家試験関連情報については厚生労働省および東洋療法研修試験財団のページをご確認ください。

◆厚生労働省 資格・試験情報
http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/

◆公益財団法人東洋療法研修試験財団 公式サイト
http://www.ahaki.or.jp/

 
sora2a

 


 


スポンサーリンク






 

コメントを残す