もぐさ・ヨモギの熱で生命エネルギーを調節!お灸のパワーがすごい – ドイツ

ドイツの健康ポータルサイト、ライフラインに「お灸の熱で生命エネルギーの流れを調節」という記事が掲載されています。

ドイツといえば、伝統的な日本の鍼灸の発展を促進する団体「国際日本伝統医学協会(IGTJM)」があります。

以前、当サイトに、この協会の学会が開催されたという記事を掲載しました。

 ⇒ ドイツで日本伝統医学の学会が開催

 
ヨーロッパの中では、ドイツは日本の鍼灸や漢方薬に関心を寄せる人が多いんですね。

とはいえ、一般の人の多くは、お灸についてほとんど知りません。

そのため、健康ポータルサイトでは、鍼灸や漢方薬をわかりやすく紹介することに力が注がれています。

 
この記事の内容はざっと次のようなものです。

・人間の体には特定の経絡があり、生命エネルギーである気が流れる

・気の流れが妨害されると、さまざまな問題や病気が起こる

・ツボにお灸をすえると、その熱刺激により乱れた経絡が調い、再び気が流れる

 
こうした説明のあと、次のようなお灸の種類や用い方を具体的に紹介しています。

・間接灸と直接灸の違い――隔物灸と塩灸、棒灸、灸頭鍼、箱灸など

・どんなときにお灸が適応となるか――病気のほか、慢性疾患の不快感、病後の回復期、逆子など

・お灸が適さないケースとお灸のリスク

 
さらに、関連情報として、カッピング、鍼治療、指圧マッサージなどについての記事も掲載しています。

詳細な解説を見ていると、ドイツ人の代替療法への関心の高さを垣間見る気がしますね。

当サイトには、「はり・きゅう」の基礎知識をわかりやすく解説した「鍼灸FACT BOOK」を掲載しています。こちらもご覧ください。

 ⇒ 鍼灸 FACT BOOK

 
今回の記事の詳細については、Lifeline(ライフライン)のサイトをご参照ください。

◆Lifeline – Moxa: Lebensenergie durch Warme des Beifus
http://www.lifeline.de/therapien/moxa-moxibustion-id157215.html

 
kyuu03a

 


 


スポンサーリンク






 

コメントを残す