慢性疼痛を持つ子供の痛みを軽減 – アメリカ EurekAlert

2016.8.24 EurekAlert (ユーレックアラート)
アメリカのオンラインニュースサービス「EurekAlert(ユーレックアラート)」に、「鍼治療は複雑な病状を持っている子供の疼痛緩和をもたらす」という記事が掲載されています。

「EurekAlert (ユーレックアラート)」は、「AAAS アメリカ科学振興協会」が提供するオンラインニュースサービスです。

このサイトに、ジレット小児病院 (Gillette Children’s Specialty Healthcare)の記事が載っているんですね。

It appears that acupuncture may be a viable option for pain management when it comes to pediatric patients who have complex medical conditions, according to new research published by Gillette Children’s Specialty Healthcare in St. Paul, Minnesota.

The study found that a significant portion of children who have chronic care conditions – many of whom are already on numerous medications – might benefit from the use of the low-risk and non-toxic benefits of acupuncture.

要点としては次のような感じです。

◆複雑な病状を持っている小児患者には、鍼治療は、疼痛管理のための実行可能な選択肢になる

◆既に薬物療法をしている多くの子供は、低リスクで非毒性の鍼治療の利点の恩恵を受ける可能性がある

 
この「ジレット小児病院」は、アメリカのミネソタ州のセントポールという都市にあります。

ミネソタ州といえば、当サイトでも以前、「救急救命に鍼治療」という記事をご紹介しました。

 ⇒ 救急救命の現場で鍼灸治療が活躍 – アメリカ

そして、小児に対する鍼灸治療についても以前ご紹介しています。

 ⇒ フィラデルフィア小児病院が鍼灸治療を採用 – アメリカ

 
このように、海外ではさまざまな分野で鍼灸治療が既に活用されているんですね。

これはアメリカだけでなく、ヨーロッパでも盛んです。

イギリスやドイツ、フランスなどで、鍼治療を始めとした代替医療が数多くなされています。

スペインの話も以前にご紹介させていただきました。

 ⇒ 20分の鍼灸治療で慢性疼痛を軽減 – スペイン

 
今後ますます広がっていく鍼灸治療ですが、本家の日本においても、もっと普及していくといいですね。

今回の記事の詳細は、EurekAlert (ユーレックアラート)の公式サイトをご確認ください。

 
◆EurekAlert – Acupuncture may yield pain relief for children who have complex medical conditions
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2016-08/gcsh-amy082316.php

 
child2a

 


 


スポンサーリンク






 

コメントを残す