熊本地震 鍼灸関連の状況 2016年6月3日現在

熊本地震 鍼灸関連の現在の状況です。

現地の状況は、緊急時フェーズから次のフェーズに移行していますが、相変わらず熊本地方では震度3レベルの地震が続いているようです。

避難所生活を余儀なくされている方々はもちろんのこと、自宅に戻っても地震による不安感により、心身に影響が出ているのではないでしょうか。

特にお子さん達は夜泣きや眠れない状況が続き、イライラが蓄積していているようですね。

鍼灸・マッサージによるボランティア活動では、このような子ども達に対してもケアをしています。

当サイトでもご紹介させていただいておりますが、小児鍼灸は子ども達のそういったさまざまな症状を和らげる効果があると言われています。

 ⇒ はり治療は何歳から?赤ちゃんでも大丈夫?

 
熊本地方での鍼灸マッサージのボランティア活動は、心身の不調を訴える大人の方々はもちろん、子ども達にも寄り添いながら、引き続き実施されています。

より詳しくは、「熊本地震 鍼灸関連の活動報告 第8報」をご参照ください。

 ⇒ 熊本地震 鍼灸関連の活動報告 第8報 2016年6月3日現在

 
また、災害関連最新情報につきましては「鍼灸net/AcuPOPJ 災害関連情報のページ」をご確認下さい。

 ⇒ 鍼灸net/AcuPOPJ 災害関連情報のページ

 
k20160603d

 
k20160603f

 


 


スポンサーリンク






 

コメントを残す